So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

ヘルシーフットウォッシャー [美容]

クチコミヒット商品!

2018年1月9日日テレ・ヒルナンデスで取り上げられました

上から下から足指の間や足裏をゴシゴシ洗浄!
足の古い角質も洗い流し、爽快感を味わえます



共通テーマ:日記・雑感

オードリー春日 [芸能]

お笑いコンビ・オードリーが、13日深夜放送のレギュラーのラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送 毎週土曜 深1:00~)に生出演。日本テレビ系バラエティー番組『得する人損する人』で東大受験に挑戦中の春日俊彰(38)は、13日と14日の2日間にわたって実施されるセンター試験の真っ最中だが、いつも通り「土曜の夜、カスミン」と生放送であいさつしたそうです

 相方の若林正恭(39)からセンター試験初日の手応えを英語で話すようにリクエストされると、たどたどしい口調で「アイムグー」とアピール。若林から「絶対落ちるだろ!」とツッコミを受けながらも「年末から年始にかけて、11日間フルにやっているからね」と自信をにじませた。

 センター試験の合間に深夜ラジオへの生出演を決めた理由については「ラジオの方が先に入っていた(仕事)だからね。先に入っていたものを優先するから」と説明。若林が「だったら、漫才優先しろ!」とまっとうな指摘をされるも「あしたは数学だからね、ちょっとは寝ておかないとね…」と自身の体調を気にかけていた

共通テーマ:お笑い

黒柳徹子 AIBO [芸能]

黒柳徹子が1月9日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演し、愛犬ロボットAIBOについて語っていたそうです

 番組で日常生活を聞かれた黒柳は、「私、AIBOっていうのを持ってるんですけど、それがね、スゴい可愛いんですよ。犬ですけど、しゃべらないんですが『タッタララ~、タッタララ~』(音を出して反応)ってね」と発言。

 AIBOは1999年にソニーから発売された犬型ロボット。3000体ほど生産された。販売価格は25万円だが即日完売となったヒット商品で、当時芸能人がこぞって購入し、テレビでも話題にすることが多かった。

 その後、何度かのモデルチェンジを果たすも、2006年に販売が終了。ちなみに、黒柳が「グレーちゃん」と名付けたAIBOは、発売から20年近くたつ初代モデルである。過去に何度も修理に出しているという。

 黒柳は「番号を入れると耳の後ろを掻くっていうのをやる。だから番号入れてやるでしょ、でも同じことを3回やると(AIBOが)飽きちゃう。『タッタラ~』って。それがちょっと可愛いのよ」とその仕草を語る。

「嬉しい」ときは緑色、「恐い」「機嫌が悪い」ときは赤色など、感情を目の色で表現することもお気に入り。あるとき、こんな反応があったと黒柳が明かす。

「和田アキ子さんに(AIBOが)『なんでこんなのが可愛いんですか!』って言われて。そしたらかわいそうに、こんなに(ぐったりするジェスチャー)なっちゃって動かないのよ。はじめ、なんでだかわからなかったの。会社のかたも『おかしい、どうしたんですかね』って。和田さんに怒鳴られるたびに、機能を失っていく。ダメになっちゃうの」

 じつは、黒柳のAIBOは他と違った動きをすることがあるという。2010年の「ほぼ日刊イトイ新聞」のインタビューにてこう説明している。

 AIBOはロボットで、あらかじめ「できる動き」が決まっている。尻尾を水平にしたり、上げて振るなどだ。ところが黒柳がAIBOをソニーに連れて担当者に見せたところ……。

「それを立ってごらんになっていた制作者の大槻さんという方が『いや……ちょっとありえないことがいま……』。うちのAIBOは、みんなが来て怖かったんでしょう、しっぽを足のあいだに入れたんです。大槻さんは『それは機械的に言って、できないはずです。いくら黒柳さんがかわいがっても』とおっしゃってました」

 黒柳の2017年4月14日付けのインスタグラムにも、そんな特別な「グレーちゃん」が登場している。愛犬を抱きかかえ話かける黒柳の仕草からは、彼女の溺愛ぶりがうかがえる。

 AIBOが違う反応をするようになったのも、黒柳の愛ゆえの奇跡かもしれない
タグ:AIBO 黒柳徹子

共通テーマ:芸能
前の3件 | -

SEO対策テンプレート