So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

吉岡里帆 [芸能]

NHK連続テレビ小説『あさが来た』で個性的な風貌のノブちゃんを演じ、ドラマ『カルテット』(TBS系)では強烈な悪女・来杉有朱に扮するなど、演技力を高く評価されている吉岡里帆。そんな彼女がナレーションに初挑戦したのが、映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』(10月21日公開)だ。ブレイクといっても過言ではない活躍をみせる吉岡だが、自己評価は常に厳しい。そこには彼女なりの強い思いがあるそうです

◆自分を評価した瞬間、どこか後退してしまうような気がする

 学生のころから芝居を勉強し、女優を目指していたという吉岡。2013年に本格的に商業作品に出演しはじめると、福田雄一監督作品『明烏』では、ぶっ飛んだヒロインを演じるなど、キャリアを積んでいった。

 そんな彼女の認知度が大きく上がったのが、2015年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』で演じたメガネの女の子・ノブちゃん(田村宜)だ。個性的な風貌と印象に残る演技は注目され、その後は前述の通り出演作が続いた。いまやテレビやCM、雑誌とメディアに登場しない日はないというぐらいの活躍をみせているが「世間のお客さまに評価される立場としては、絶対に自分で自分に満足してはいけない」と厳しく自身を顧みる。

 そこには「自分で自分を評価してしまった瞬間、どこか後退してしまうような気がする」という彼女なりの考えが大きく影響している。さらに「私がやっている女優というお仕事には正解はないんです。だからこそ、どこまでも突き詰めていけるし、どこまでも欲を持つことができる。自分には厳しくいたいんです」と強い視線で語る。

◆折れても立ち上がることを繰り返す、それが私の女優人生

 こうした思いで走る続けることにはパワーもいるし、強い精神力も必要だ。ゴールを設けないことへの恐怖もあるだろう。「もちろん挑戦し続けることは怖いです」と素直な胸のうちを明かすが、「でも、やること全部うまくいくと思っていませんし、失敗することも含めて人生のなかでは意味があると思うんです。折れても立ち上がればいいし、それを繰り返していけば、女優として幅を広げることができる。それが私の女優人生だと思っています」とポジティブだ。

 なぜ、ここまでストイックになれるのだろうか。そこには強い信念があるという。「人の思い込む力を信じているんです。もしかしたら私は何もできない普通の一人の女性かもしれません。でも自分は必ず成し遂げるんだって思い込んだり、必ずやり遂げると言い聞かせたりすることによって、奇跡的なことが起こると思っています。人間の底力を自分のなかに見出したいんです」。

◆良い意見も悪い意見も、同じぐらい価値がある

 パブリックイメージについても「エキセントリックな役をやらせていただくことが多いので、アクが強いと思われたり、自分を追い込むために『まだまだいけます』とか『大丈夫です』という発言したりすることが多いので、負けん気が強いと思われているかもしれませんね」と苦笑いを浮かべた吉岡。続けて「もちろん自信がないことも多いし、できるかなと不安になることもあります。でもプラスな発言をすればチャンスも巡ってくるのかなと思っています」と強い眼差しで語る。

 一方、CMでのイメージや温かい語り口から“癒し系”と言われることもあるが、「そう思っていただけるのはうれしいですが、いろいろな人がいて、いろいろな意見があるので、そのすべてが正解なのだと思います。私はどんな意見でも全部受け入れていきたいです。もちろん良く思っていただけることはうれしいですが、悪い意見も同じぐらい価値があると思っています」とブレない。

 今回の映画では、「岩合さんが撮られた野生のネコたちの姿って、どうしようもないぐらい愛くるしくて、一生懸命毎日を過ごしているのがわかるんです」と、作品の魅力を語った吉岡。この仕事で臨んだテーマは、「大好きなネコちゃんの気持にどこまで近づけられるか」だという。決して満足しない彼女は、初ナレーションという挑戦を経て、また新たな課題に向き合い、女優として成長していく
タグ:吉岡里帆

共通テーマ:芸能

らくらくヘルパーセット [インテリア]

最大300kgまで移動
テコの原理で家具の移動



共通テーマ:日記・雑感

NEWS 小山慶一郎 [芸能]

「10月20日からスタートするドラマ『重要参考人探偵』(テレビ朝日系)で久しぶりの連続ドラマ出演を果たします。同じ事務所のKis-My-Ft2の玉森裕太さんとの共演ということでも話題になっているようです

 報道番組『news every.』(日本テレビ系)でのキャスター業と並行しての撮影なので、てんやわんやの毎日のようです。しかし、活躍が続いているだけに“あの騒動”がファンのなかで再燃しているようで……」

 今年2月に女性との交際疑惑が発覚したNEWSの小山慶一郎。お相手は地下アイドルグループ『放課後プリンセス』の見習いユニット『放プリユース』のメンバー太田希望だ。SNS上に小山と同じ私物をアップしたり、同時期にハワイに滞在していたりと、交際を匂わせるような投稿の数々がネット上で拡散され、熱愛騒動へと発展した。

「3月末にハワイで撮影されたとされるツーショット写真が流出したことで、太田さんは所属事務所を解雇。しかし、5月には新事務所に移籍し、“新藤まなみ”という芸名でタレント活動を再開しました。最近ではインドネシアのテレビ番組に出演したりと、海外にも仕事の場を広げています」(アイドル誌ライター)

 心機一転、新たな活動に精を出している新藤だが、今でもふたりの交際を疑う小山ファンの“SNS監視”が続いている。

「9月28日に新藤さんが自分の顔写真をインスタグラムに投稿したのですが、その首もとが赤くなっているのをファンが発見したんです。事実かどうかは定かではありませんが、“これはキスマークなのでは?”と瞬く間に拡散されました」(前出・アイドル誌ライター)

 熱愛が発覚して半年近くたっているにもかかわらず追及が続くのは、小山がこの件について沈黙を続けているからだという。

「報道番組に出ているので、うかつにコメントを出せばキャスター業に影響が出てしまうというのが大きな理由だと思います。お互いに会う時間も取れなくなったということから、一時は同棲説までウワサされましたね」(前出・芸能プロ関係者)

 小山と同じく、新藤もまた無言を貫いている。事実を確かめるべく、10月初旬にイベントを終えて会場から出てきた新藤を直撃した。

─小山さんと同棲しているというウワサがありますが? 

「いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや。ないです」

 と、驚いた表情で両手を振ってみせる。

─あの写真が流出したことによって、前の事務所を辞められたのですか? 

 “あの写真”という言葉に少し言葉を詰まらせながらも、

「それもないです」

─ではもう、破局したということですか? 

 その問いには答えることなく、足早に送迎の車に乗り込んで去っていった。

「写真の流出については、本人もそうとうショックを受けているそうです。今でもSNS上で誹謗中傷をしてくる小山さんのファンをブロックしたりもしているとか」(新藤の知人)

 小山との関係について新藤の所属事務所に問い合わせてみると、

「小山さんは仲のいい友達のひとりだと聞いておりますので、お付き合いをしているわけではありません。また、彼女は自宅に住んでいますから、同棲しているという事実もございません」


共通テーマ:芸能
前の3件 | -

SEO対策テンプレート