So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

桐谷美玲 [芸能]

あまりに細く、今にも折れてしまいそうな二の腕を見ると、あの悪夢を思い出してしまう。国民的美少女から一転、急な激ヤセで拒食症まで囁かれた宮沢りえ(44)のそれである。モデル出身の女優・桐谷美玲(27)もまた、同じ道を辿ろうとしているのか

 11月23日、都内で開かれたイタリアの高級ブランド・ブルガリ主催のイベントで、深紅のロングドレスに身を包んだ桐谷を見た報道陣は一様に目を疑った

 芸能担当記者が言う。
「スレンダーで知られる女優ですが、まさかここまでとはね。肩や腕もそうだけど、首回りは骨の形が露わになって、痛々しかったよ」

 そもそも、身長163センチで小顔の桐谷は、共演者たちから“横に並びたくない女優”の異名で呼ばれていると話すのは、さるキー局のディレクターだ。

「昨年冬に、彼女はテレビ朝日のドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』で主演を務めましたが、共演した松坂慶子さんは、“美玲ちゃんはヤセ過ぎ!”なんて言いつつ、彼女を意識してダイエットに励んでいましたからね。その時と比べても、激ヤセしていますね」

 売れっ子としてのハードワークが祟ったのか、果ては失恋が原因かと勘繰るムキもあるのだが、
「大胆に肩や腕を出すゴージャスな衣装でしたから、ことさら細身が強調されて、ご心配をおかけしました」
 とは、彼女の所属事務所の担当者である。

「キャスターを務める『NEWS ZERO』(日本テレビ系)では、腕や足を見せないスーツスタイルが多く、ギャップに驚かれた方が多かったかもしれません。昔から体型は変わっていませんが、桐谷本人は、“時間がある時は食べなきゃ”と言って、あの日も用意されたボリュームのあるお弁当を平らげた。3食きちんと食べていますし、体調不良で仕事を休んだことはありません」

そう言って庇うけれど、桐谷の知人はこうも言う。
「本人はヤセていることを気にして常々太りたいと言っているんだけど、食べても食べても肥えないのが悩みと言っているわ。生まれつき腰幅がすごく狭いのが災いし、余計にヤセて見えるから、体型に合う服選びにも苦労しているみたい」

 メタボの現代人からみれば羨ましい限りだが、日本肥満学会名誉会員でダイエットに詳しい愛知みずほ大学の佐藤祐造学長によれば、
「お見受けしたところ、二の腕の異常な細さは、明らかにヤセ過ぎですね。食事もしっかり摂られているとのことですが、もっと高タンパク、高カロリーの食事を意識することが大事です。例えば、肉類、ハム、チーズ、牛乳、ヨーグルトなどがその代表格。こうした食事を通して自然に体重が増えれば良いのですが、いくつか重大な病気にかかっている可能性もある。一度、専門医を受診されることもお勧めします」
タグ:桐谷美玲

共通テーマ:芸能

SEO対策テンプレート