So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

ビートたけし 稲垣吾郎 [話題]

ビートたけしさん(70)が、ジャニーズ事務所を退所して「転機」を迎えた元SMAPの稲垣吾郎さん(43)にエールを送ったよう

 その内容は稲垣さんだけでなく、ファンの心にも響いたようで、反響を呼んでいるそうです

 稲垣さんの冠番組「ゴロウ・デラックス」(TBS系)2017年11月16日放送回に、たけしさんは「小説家」として登場し、今年9月に刊行した自身初の恋愛小説『アナログ』(新潮社)についてトークを展開した。

 番組終盤、稲垣さんから「僕転機を迎えてしまったんです。色々ございまして」とアドバイスを求められると、「幸福の科学行ったらどうかな?ダメ?」ととぼけてみせた後、「でも結局あらゆるものは転機っていうか」と真剣に語り始めた。

  「転機って人類だったら死ぬことなんだけど、遺伝子残して、またできて、延々消滅と生まれ変わるのを繰り返すわけで。転機も同じだから、転機もいっぱいあったほうがいいと思うよ。亡くなったら転機がないんだから。転機が色々あるってことは生きていく、進化している証拠なんだから、ありがたいと思っちゃったほうがいいよ。チャンスっていうかね。また転機が来たっていいわけだから」

と「転機」について説いた。さらに、

  「脱皮だと思ったらいいよね。蚕から繭になって蚕蛾になっていく。羽化するまでの、飛び立つまでの段階だと思えば。実に今、いいところに来ていると思ったほうがいいんじゃない」

と例え、エールを送った。

 アドバイスを受け、「ありがとうございます。嬉しいなあ」と感謝する稲垣さんの目には光るものがあった。たけしさんは「成功したらお金貸して」と冗談を飛ばし、笑いを誘った。

外山アナ「吾郎さん!吾郎さん!」
 たけしさんの助言は稲垣さんだけでなく、ファンの心にも響いたようで、

  「吾郎さんへの温かい言葉嬉しかったです」
  「実にいいアドバイスですね感動しました」
  「たけしさんが吾郎さんに送った言葉心強かった」
  「たけしさんから吾郎さんへの言葉が私にとっても心に響きました」

など、胸を熱くするツイートが投稿されている。

 感謝はこの機会を作ってくれた番組にも及び、稲垣さんとともに番組を進行する外山惠理アナウンサーのツイッターには、ファンからのメッセージが寄せられている。外山アナウンサーは驚きつつ、

  「吾郎さん!吾郎さん! 吾郎さんのファンの方たち、いったい何なんですか?
  超ーーーーー優しいんですけど!! ! なんか、感動しちゃう」

とツイート。リプライ欄にはファンからのコメントが続々と書き込まれているそうです

共通テーマ:芸能

NHK紅白歌合戦 三浦大知 [話題]

大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」に、歌手の三浦大知(30)の初出場が内定したことが12日、分かったそうです

 卓越した歌唱力とダンスパフォーマンスで知られる三浦が、満を持して紅白のステージに立つ。複数のNHK関係者によると、かねて円熟期を迎えつつある三浦の本格派のステージには、業界内外から支持が多かった。今年はシングル「EXCITE」が初のオリコンシングルチャート1位を記録したほか、フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」のオファーシリーズに出演するなど、一般的にも大きく知名度を上げたことから、念願の初出場へ大きく前進したとみられる。

 三浦にとっても今年は勝負の年でもあった。「Folder」時代からデビュー20周年を迎え、初めて自身のルーツである沖縄で凱旋ライブを実施。今年8月、紅白会場のNHKホールの裏手にある東京・代々木公園野外ステージでフリーライブを行った際には「もちろん歌を歌っている身として出させていただきたい舞台」とあこがれを口にしていた。現在は全国ツアー中で、来年には初のベストアルバムをリリース予定。紅白の出場を手みやげに、さらに飛躍を続けるつもりだ。

 今月9日にはNHK「SONGS」に出演し、圧巻のパフォーマンスを披露。生のステージを重視する紅白サイドにとっても、三浦のハイレベルなステージは目玉になるはず

共通テーマ:音楽

ウーマン村本 72時間ホンネテレビ [話題]

お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワー・村本大輔(36)が自身のツイッターで元SMAPの3人による番組『72時間ホンネテレビ』(Abema TV)について言及したようです
ジャニーズ時代の数々のタブーを破ったことでも盛り上がった同番組だが、吉本興業やバーニング、もちろんジャニーズといった大手事務所所属のタレントは一切出演することはなく、”何らかの圧力”もひそかな話題となっていた。
そんな中、吉本興業所属の村本が『72時間テレビ』から一夜明けた6日にツイッターを更新。「ホンネテレビ見て思ったことは事務所抜けてもグループ抜けてもスターはスターだった…」とSMAPが解散し、ジャニーズ事務所を退所した今もなお3人が画面の中で輝いていたことを感慨深そうにつづった。
このツイートにネットユーザーからは「まーったく同感です!」「ファンとして嬉しいです!ありがとうございます」といった声が集まっていた。しかし、その一方では「見事に吉本の芸人さん、出ませんでしたね…」「吉本は何故出ない?」「吉本から誰も出ないのも、どうかね」という、「なぜ吉本芸人は誰も出演していなかったのか」という一方的な指摘が飛び交ってしまった。
「芸能界ルールからの脱却」という複雑な問題も絡んだこともあり、大きな盛り上がりを見せた『72時間テレビ』。元SMAPの3人の今後の活躍にも注目が集まりますね

共通テーマ:芸能

養老乃滝 牛丼 [話題]

居酒屋チェーンを展開する「養老乃滝」(東京都豊島区)は11日から、牛丼を十数年ぶりにレギュラーメニューとして復活すると発表した。居酒屋のしめのメニューと位置づけた、一般的な牛丼並盛りより一回り小さいサイズで、かつてのレシピを基に提供するようです

 養老乃滝は、都心や繁華街の店舗を中心に、1977年から昼間は牛丼、夜は居酒屋というスタイルで営業。専門店「養老牛丼」が出店された時期もあった。吉野屋などとともに、牛丼サービスの店として知られていたが、収益性の高い夜間の居酒屋営業に集中するため、2000年代初頭には提供を中止していた。

 昨年11月にグループ創業60周年を記念し、東京・池袋の店で1日100食限定で提供したところ、またたく間に予定数を完売。また、顧客から養老牛丼を懐かしんだり復活を望んだりする声も多く、1年間かけて準備を進めてきたという。復活牛丼は「食べ飽きない、あっさり和風味」(同社)で、運営する居酒屋チェーン「養老乃滝」全360店舗のうち330店舗で提供する。価格は税込み356円

共通テーマ:グルメ・料理

トヨタ Tj CRUISER [話題]

トヨタ自動車は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」で、新ジャンルのクロスオーバーコンセプト『Tjクルーザー』を世界初公開するようです

Tjクルーザーは、バンの積載性能とSUVの力強いデザインとを融合させた新ジャンルのクロスオーバーコンセプト。車名の「Tj CRUISER」は、アクティブに使い倒せるTOOL-BOXの「T」と、クルマと様々な場所に出かける楽しさを意味するJoyの「j」に、トヨタSUVラインアップ伝統の「CRUISER」を用いて力強さを表現した

外観は、バンのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビンに、SUVらしい大径タイヤによるしっかりとした足回りと、力強いフロントビューを融合。ボンネットとルーフ、フェンダーなどには、無造作に物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(強化塗装)を採用した

室内は助手席側をフルフラットにでき、ロングサーフボードや自転車など、約3メートルもの大きな荷物を楽に積み込むことが可能。シート裏側やデッキボードなどに多数の固縛ポイントを設け、小さな荷物から長尺物まで自由に固定できる。また運転席側の後部座席は、シートクッションを前側に立てることで、買い物袋などの荷物を置けるスペースが出現。さらに大開口のバックドアやスライドドアを採用し、大きな荷物の出し入れを容易にした

ボディサイズは、全長4300×全幅1775×全高1620mm。次世代のTNGAプラットフォームに2リットルクラスのエンジンとハイブリッドシステムを搭載し、駆動方式はFFおよび4WDを想定しているそうです


共通テーマ:自動車

ドン・キホーテ 爆安4Kテレビ [話題]

大好評の声に、速攻応えて

発売するやいなや、およそ1週間で初回生産台数に達したドン・キホーテの爆安4Kテレビが、少しだけ新しくなって帰ってきました! 前回と同じく同社のプライベートブランド「情熱価格PLUS」からの登場ですが、このスピード感ですよ

後継機となる「50V型ULTRAHD TV 4K液晶テレビ LE-5060TS4K」は、前モデル「LE-5050TS4K-BK」に比べ、輝度が300カンデラから350カンデラにアップ。それ以外の仕様変更は特にありませんが、前回SNSなどでジェネリックREGZAやドグザと称されたことを踏まえてか、メインボード提供メーカーについては非公表としています。むしろ隠すからあばかれるのでは

発売日は2017年10月3日(火)、価格は前モデルと同じ5万4800円(税別)。生産台数についても前モデルより供給量を増やしているとのことですが、気を抜いているとあっという間に完売しそうな感は否めませんね

共通テーマ:ショッピング

シートでスキマキーレー [話題]

気になる冷蔵庫や家具のすき間のほこりを除去




共通テーマ:日記・雑感

キングオブコント2017 [話題]

コント日本一を決める「キングオブコント2017」の決勝が10月1日に行われる。10組の決勝進出者の中で注目されるのが「パーパー」と「にゃんこスター」。この2組に共通するのは男女コンビだということ。キングオブコントで男女コンビが決勝に勝ち上がったのは、意外にも今年が初めてだ。キングオブコントでは女性コンビが決勝に進んだこともないため、女性が決勝の舞台に立つこと自体が初となる。

 一方、漫才日本一を決める「M―1グランプリ」では、男女コンビの決勝進出は過去にある。最も優勝に近づいたのが、2004年の「南海キャンディーズ」だ。3組による最終決戦まで勝ち残り、優勝こそ「アンタッチャブル」に譲ったものの、準優勝に輝いた。

 だが、その後はなかなか優勝争いに絡むことはできなかった。南海キャンディーズは翌05年も決勝に進んだが最下位。3年ぶりに決勝進出を果たした08年も、下から2番目の8位に終わっている。

「しずちゃんの強烈なキャラクターで初めて決勝に出た時は大ウケだったが、何度か見ているうちに客は慣れてきてしまうからね。それでもその後、何度か決勝に進んだのだから南海キャンディーズはすごいけど、優勝するまでのインパクトは残せなかった」(お笑い関係者)

 01年から始まった「M―1」は10年に一度終了したが、その10年間で決勝に進出した男女コンビは結局、南海キャンディーズだけだ。「M―1」から引き継ぐ形で11~14年に賞レースとして行われた「THE MANZAI」でも、男女コンビは一度も決勝に進んでいない。

「そういった意味では3回も決勝に進んだ南海キャンディーズは確かにすごいけど、第1期の『M―1』と『THE MANZAI』を含めた14年間で、決勝に行ったのは男女コンビはこの1組だけ。男女コンビはどうしても“イロモノ”と見られがちで、賞レースで勝ち残るのは難しい面がある」(同)

 ところが最近、状況が変わってきた。2年前に復活した「M―1」では、15年に「メイプル超合金」、16年には「相席スタート」が決勝進出を果たした。そして前述したように、今年のキングオブコントでは2組の男女コンビが勝ち上がった。

「最近は、女性のキャラクターだけに頼るようなコンビは減ってきた。メイプル超合金の安藤なつなんて見た目は確かに強烈だけど、漫才自体は安藤のキャラに頼ったものではない。実際、ボケは相方のカズレーザーで、安藤はツッコミだし。最近は若手のライブでも男女コンビが増えていて、レベルは相当上がっているからね」(同)

 近い将来、キングオブコントかM―1で男女コンビが優勝する日がやって来るのは間違いなさそう。ひょっとすると、それは今年かもしれないですね

共通テーマ:お笑い

GSX‐S125 ABS [話題]

原付二種スポーツバイク「GSX‐S125 ABS」がスズキから10月11日に販売開始されるようです

ストリートスポーツバイク GSX‐Sシリーズのエントリーモデル

ドライブトレインには、最高出力11kW/10,000rpm、最大トルク11N・m/8,000rpmの出力性能と、48.2km/Lの燃費性能を両立した水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンが採用された。このエンジンに組み合わされたのは6速マニュアルトランスミッション。スムーズな出力伝達による力強い加速を実現する

1,300ミリというショートホイールベースと、133kgの軽量・スリムなボディーにより、街乗りにおける扱いやすさや、ワインディングにおける高い操縦性を実現している。アップハンドルによる前傾の少ない快適なライディングポジションと、785ミリの低いシート高による良好な足つき性も、扱いやすさを高めた

装備としては、10本スポークの17インチ大径アルミ製キャストホイールと花弁形状のペータルブレーキディスクが採用された。また、前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSが、スズキの国内の125cc二輪車に初採用されている。燃料タンクの容量は、長距離走行にも安心な11Lに設定された

デザインは、GSX‐Sシリーズ共通のイメージとなる低く構えたアグレッシブなスタイリング。ラジエーターシュラウドと燃料タンクに一体感を持たせ、アンダーカウルを装備することで、コンパクトながらボリュームのあるデザインを実現している。マフラーには、サイレンサーに2つの排気口を設けたスポーティーなデュアルタイプマフラーが装備された

車体色には、黒「ソリッドブラック(半ツヤ)」と青「トリトンブルーメタリック」の2色を設定
メーカー希望小売価格は35万4,240円(消費税込み)
タグ:GSX‐S125 ABS

共通テーマ:バイク

SEO対策テンプレート