So-net無料ブログ作成
検索選択

旅行なら楽天トラベル

ラストタオル [美容]

職人たちが理想を追い求めてつくったおぼろタオル



共通テーマ:日記・雑感

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー [美容]

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 お風呂剃り可



共通テーマ:日記・雑感

びっくり足裏つるつる [美容]

座って足裏をこするだけ
足裏スッキリ簡単フットケア

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンコー びっくり足裏つるつる BH-35
価格:1466円(税込、送料別) (2017/4/27時点)






共通テーマ:日記・雑感

庄分酢 [美容]

酸味は強めですっきりしているそう



タグ:庄分酢

共通テーマ:健康

美容酵素 [美容]

美容・健康維持に!

手軽に採れるサプリで酵素不足を解決!



タグ:美容酵素

共通テーマ:美容

黒ずみの原因 [美容]

今回はそんな女子たちのお悩みをアンケート調査。そしてそれに対する専門家の声もまとめてみました。乳首の、アソコの黒ずみ。気になる部分だけに聞きづらかった箇所の悩みは、実はこんな理由によるものだったんです!
【Q: 体の黒ずみで気になる部分はありますか?】
「乳首。銭湯などで他人の乳首を見ていると、自分のが一番黒いんじゃないかと思えてくる。別に遊び人じゃないのに」(29歳・金融系)
「脇の黒ずみ。昔、毛抜きで抜いていたせいか、色素沈着みたいになってしまっていてノースリーブだと手が挙げられない……」(25歳・コンサル会社)
「アソコの黒ずみが一番気になります。子供の時は黒くなかったはずなのに、なぜ?」(28歳・医療関係)
今回アンケートした32人、全員がどこかしら気になる、という結果に。特に多かった上位2つの、乳首、アソコ。これらの原因はいったい何なのでしょうか? その答えを専門家に聞いてみました!

【乳首編】
まず、バストケアに特化したクリニック「ナグモクリニック」の総院長である南雲吉則先生によると、「乳首に関しては、妊娠によって黒ずむことはあっても、たくさんの人と遊んだからということはありません」とのこと。
「赤ちゃんは、並んだ黒いふたつのものを探します。赤ちゃんがおっぱいを吸うときに乳首の位置がわかりやすいよう黒ずむんです。ちなみに、目をじっと見るのは乳首だと思っているからなんですよ」
そしてだいたいの場合、人より黒いかも?と思っているのは、「気のせい」なんだそう。意外とみんなお互いに、自分が一番黒い、と思い込んでしまっているようです

【アソコ編】
アヴェニューウィメンズクリニック院長の福山千代子先生によると、「性器周囲の黒ずみは、女性ホルモンが出ている証拠とも言えます。妊娠すると乳首や性器が真っ黒くなりますし、逆に赤ちゃんやおばあさんは女性ホルモンが少ないため、色がかなり薄いのです。ホルモンの影響も多少ありますよ」とのこと。
黒ずむのは大人の女性の証拠なんですね。
そして、他の原因としては「「太っている人は下着が食い込みやすく、摩擦刺激も強くなり、そけい部が黒ずみやすいようです。逆にやせている人、特にお尻に肉がない人は、座ったときに坐骨が当たる位置(でん部の下の方)が黒ずみやすくなります」とのこと。黒ずんでしまった場合は、ワセリンなどで保湿するのが効果的なようです。
以上、みんなの気になる黒ずみの理由。いかがでしたか? 実は気のせいな人が多い乳首の黒ずみ、大人の女性の証拠のアソコの黒ずみ。気になってはしまうものかもしれませんが、原因が分かるとちょっと安心しますよね

共通テーマ:美容

プーアール茶 [美容]


共通テーマ:美容

肩こりを招くNG習慣 [美容]

写真:https://pixta.jp

“肩こりを招くNG習慣”を5つご紹介します。

■1:運動不足

運動不足で筋力が低下すると、全身の血流も停滞します。すると、酸素や栄養素が十分に行き渡らず、機能低下やこりを引き起こします。

このような運動不足による肩こりは、手を大きく振ってウォーキングをしたり、ストレッチをしたりして筋肉を刺激し、大きく動かすことで改善しやすくなりますよ。

■2:疲労の蓄積

疲労を放っておくのも肩こりを招く原因です。筋肉に疲労物質が溜まった状態では、血液をスムーズに流すことも、しなやかに動かすこともできません。

筋肉の疲労を効率良く回復させるためには、新しい細胞の材料であるたんぱく質や、代謝を促進するビタミン・ミネラル類の摂取、そして十分な睡眠が有効です。

■3:暴飲暴食

実は“食べ過ぎ”も肩こりの原因の1つ。必要以上に食べると消化・吸収に大きな負担がかかり、血液が消化器官に集中してしまいます。

食後に必ず眠くなるという人は要注意。脳に十分な酸素が行き届かないほど内臓が酷使されているサインです。食後に眠くならない程度の食事量にすると良いでしょう。

■4:姿勢の悪さ

同じ姿勢を長時間続けることや、頭を支える首や肩の筋肉に負担をかける姿勢は、血行不良や筋肉の疲労を招きます。パソコンや書類の処理などを長時間行うときは、猫背や前のめりの姿勢にならないように意識することが大切です。

■5:ストレス

悪い姿勢などの身体的なストレスだけでなく、精神的なストレスもまた、血行を停滞させる要因です。忙しい毎日の中でもリラックス時間をしっかり確保し、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

上記の5つの中に思い当たる要因がある場合は、生活習慣を見直して原因を解消することが大切。その場しのぎの湿布やマッサージよりも、肩こりを予防・改善しやすくなりますよ。すぐに全てを改善することは難しいですが、まずは改善しやすいものから1つずつ改善していく姿勢が大切ですね

共通テーマ:日記・雑感

SEO対策テンプレート