So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

鳥居みゆき セックスレス [芸能]

お笑い芸人の鳥居みゆきさん(36)が、12月5日放送のローカル深夜番組『ジンギス談!』(HBC)に出演した際、夫とのセックスレス期間が12年目に突入したと明かしたようです

2008年に結婚していたことを発表した鳥居さん。現夫とは交際を経ずに結婚したと公言しています。鳥居さんによれば、友人だった現夫とルームシェアをしようとした時、反対する夫の両親を丸め込むために入籍したそう。今年7月に出演した番組では、「(夫とは)付き合ってない。友達期間が長かったので、お互い気を使わなくていい仲だから」「恋愛感情はない」と話しています。
友達の延長線上で結婚した鳥居さんですが、夫婦の“夜の営み”については結婚以来していないとしています。「結婚する前に1回ノリでヤッたきり」「結婚してからはしてないです。結婚前はそれなり」だそうです。
結婚10年目の時は「(夫が)求めてきたこともあるけど、もう10年になるので……」と語ったり、子供についても「私が(その子を)本当に愛せるかどうかの賭けに出ないといけない」と、悩む様子を見せていましたが、なぜ1回ノリでヤッて以降、もうしない状態が続いているのかは、はっきりとした理由は述べていませんでした。結婚6年目の時、「営み的なものがない。火遊びとかしたい」と嘆いたり、バラエティ番組などで「一人エッチ」しているとも明かしているので、性欲がないわけではなさそうですが。
しかし、今回は「もともと人が好きじゃない。人と触れ合いたくないんです」とはっきりした理由を語っています。性欲はあるのに人と触れ合いたくない、という点に若干の違和感を覚えますが、そういう女性は鳥居さん以外にも存在します。
私の友人(20代)がそうです。現在交際している男性がいますが、その男性のことを愛してはいるものの、「人間らしい行為がなんだか苦手」という理由で「セックスはあまり好きじゃない」と話します。「性欲なんて何も生み出さない無駄な感情」と言う本郷奏多さんほどではありませんが。
彼女の場合はた~まに営みをしているそうで、頻度が低いことについては相手の男性もそれで了承しているらしいです。相手がそれを理解しているなら、無理に克服する必要はないのかもしれません。
鳥居さん夫婦の場合は、日常生活においても軽く挨拶をする程度だそう。しかし、夫から離婚を提案されたことはないのだとか。端から見れば「愛情に欠けた夫婦」なのかもしれませんが、当人たちがこれで良しとしているなら、特別問題があることではないでしょう

共通テーマ:芸能

桐谷美玲 [芸能]

あまりに細く、今にも折れてしまいそうな二の腕を見ると、あの悪夢を思い出してしまう。国民的美少女から一転、急な激ヤセで拒食症まで囁かれた宮沢りえ(44)のそれである。モデル出身の女優・桐谷美玲(27)もまた、同じ道を辿ろうとしているのか

 11月23日、都内で開かれたイタリアの高級ブランド・ブルガリ主催のイベントで、深紅のロングドレスに身を包んだ桐谷を見た報道陣は一様に目を疑った

 芸能担当記者が言う。
「スレンダーで知られる女優ですが、まさかここまでとはね。肩や腕もそうだけど、首回りは骨の形が露わになって、痛々しかったよ」

 そもそも、身長163センチで小顔の桐谷は、共演者たちから“横に並びたくない女優”の異名で呼ばれていると話すのは、さるキー局のディレクターだ。

「昨年冬に、彼女はテレビ朝日のドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』で主演を務めましたが、共演した松坂慶子さんは、“美玲ちゃんはヤセ過ぎ!”なんて言いつつ、彼女を意識してダイエットに励んでいましたからね。その時と比べても、激ヤセしていますね」

 売れっ子としてのハードワークが祟ったのか、果ては失恋が原因かと勘繰るムキもあるのだが、
「大胆に肩や腕を出すゴージャスな衣装でしたから、ことさら細身が強調されて、ご心配をおかけしました」
 とは、彼女の所属事務所の担当者である。

「キャスターを務める『NEWS ZERO』(日本テレビ系)では、腕や足を見せないスーツスタイルが多く、ギャップに驚かれた方が多かったかもしれません。昔から体型は変わっていませんが、桐谷本人は、“時間がある時は食べなきゃ”と言って、あの日も用意されたボリュームのあるお弁当を平らげた。3食きちんと食べていますし、体調不良で仕事を休んだことはありません」

そう言って庇うけれど、桐谷の知人はこうも言う。
「本人はヤセていることを気にして常々太りたいと言っているんだけど、食べても食べても肥えないのが悩みと言っているわ。生まれつき腰幅がすごく狭いのが災いし、余計にヤセて見えるから、体型に合う服選びにも苦労しているみたい」

 メタボの現代人からみれば羨ましい限りだが、日本肥満学会名誉会員でダイエットに詳しい愛知みずほ大学の佐藤祐造学長によれば、
「お見受けしたところ、二の腕の異常な細さは、明らかにヤセ過ぎですね。食事もしっかり摂られているとのことですが、もっと高タンパク、高カロリーの食事を意識することが大事です。例えば、肉類、ハム、チーズ、牛乳、ヨーグルトなどがその代表格。こうした食事を通して自然に体重が増えれば良いのですが、いくつか重大な病気にかかっている可能性もある。一度、専門医を受診されることもお勧めします」
タグ:桐谷美玲

共通テーマ:芸能

佐々木希&渡部建 マグロ解体ショー [芸能]

お笑い芸人の渡部建(アンジャッシュ)が、3日に放送されるトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系・午前7時~7時30分)で、カンニング竹山や有吉弘行と共演。4月に結婚し、10月に挙げた妻・佐々木希との結婚式でのエピソードを明かしたそうです

 出会って20年以上も経つという3人は、“竹山社長の会”という食事会を定期的に開催する仲。だがお互いの私生活はあまり知らないのとのこと。竹山は「2人の私生活を何も知らない。有吉がどこに住んでるかも知らない。渡部が結婚したのも知らなかった! 俺、ネットニュースで知ったんだよ!」と語ると、「呼んだら来てくれました?」と渡部。

 そして渡部と佐々木と結婚式の話題に及ぶと、渡部は自身のアイデンティティーにもなっている「食事」にはやはりこだわったと告白。結婚式の2次会では、マグロ解体ショーを行ったという。

 そんな食事にこだわりを持つ渡部だが、3人の集まりである“竹山社長の会”の食事会でもそのポリシーは変わらないよう。初回から三つ星寿司店を予約と述懐。だがとてもごちそうするような額ではなかったものの、終始竹山を社長扱いし支払いさせたのだとか。有吉はそんな彼らに対して「渡部はコードネーム予約、竹山はコードネーム財布」と毒舌っぷりを発揮していた。

共通テーマ:芸能

M-1グランプリ2017 [芸能]

漫才日本一を決める『M-1グランプリ2017』(12月3日開催)決勝進出者9組が今月15日発表され、ジャルジャル、かまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香、とろサーモン、和牛、ゆにばーすに決まった。これに敗者復活を加えた計10組で、4094組の頂点を争うことになるが、ここで過去12回の歴代王者を下に一覧で並べてみた。その上で、チャンピオンたちの前年度の戦績を調べてみると、直近の3回は“ある法則”に則っていることがわかったようです

 まず、前年度の成績について確認したい。2001年~10年と16年は『M-1』での戦績としているが、15年のトレンディエンジェルは同大会が復活するまでの11年から14年に行われていた『THE MANZAI』の結果を考慮した。下の表を眺めてみると、王者の前年度の成績で最も多いのが「2位」で、フットボールアワー、笑い飯、トレンディエンジェル、銀シャリの4組。続けて多いのが「準決勝敗退」で、ブラックマヨネーズ、サンドウィッチマン、パンクブーブーの3組。いずれも決勝初出場での優勝となっている。

 第1回大会は、特別審査員7人に1人持ち点100点が与えられ、それに札幌・大阪・福岡の3会場で観覧している観客300人(1人1点)を合わせた合計1000点満点で採点(2回目以降は、審査員のみの採点制)。第1回大会の決勝に進出したますだおかだは、特別審査員のポイントのみでは575点という、中川家の596点に続く2位の好成績を収め、翌年の優勝へとつなげた。

 アンタッチャブルは、優勝前年の03年の大会では敗者復活組として出場し「テキトー漫才」を堂々と披露。審査委員長の島田紳助さんに「アンタッチャブルがスゴい。来年は本命じゃないかと思うくらい、スゴかったですわ」と言わしめるほど、強烈なインパクトを残した。06年の覇者・チュートリアルは、05年の大会では5位という結果に終わったが、審査員を務めるダウンタウンの松本人志が07年1月6日放送のラジオ番組『放送室』275回で、「(05年に)決勝(決選投票)に残られへんかったことが信じられへん。去年、優勝させたっても良かったんちゃうんかっていうくらい出来が良かった」と絶賛している。

 同放送内で、松本が「このままやったら、K-1みたいに同じメンバー同士での戦いになってしまって、ニューカマーがいなくなる。だから、次はゼロからですよ」と予想していたが、その見立て通りに07年はサンドウィッチマンが敗者復活から決勝初出場を果たし、見事優勝。翌08年は、1位のNON STYLE、2位のオードリー、3位のナイツがともに初出場。09年のパンクブーブーも初出場と、3年続けてフレッシュな顔ぶれの躍動が目立った。

 こうした中で訪れた、第1期『M-1』のラストイヤー2010年大会。第2回大会から毎年出場を続け、前年の09年にはファーストラウンドに披露した「鳥人(とりじん)」ネタで、紳助さんから100点満点という最高評価を獲得するも、惜しくも2位に終わった笑い飯が9度目の正直で悲願の優勝。「やっと取れた!」と万感こみあげる2人に、紳助さんも「今まで自分たちでわざと取ってこなかったくらい(2本目で)失敗していた」とやさしく語りかけるなど、第1期の締めくくりにふさわしい光景となった。

 15年にスタートした第2期『M-1』では、『THE MANZAI 2014』で2位だったトレンディエンジェルが、サンドウィッチマン以来となる敗者復活組からの優勝の快挙を達成。歴代『M-1』王者が審査員を務めるというレアなケースだったが、2代目チャンピオン・ますだおかだの増田英彦も「敗者復活で来られたので、最高得点をつけていいかという葛藤があったんですけど、ほかのハゲている芸人が残っていないくらいやり尽くす感がスゴいなと思って、最高得点をつけました」と惜しみない賛辞を送った。

 そんなトレエンの勢いに押されながらも、きっちりと正統派漫才を披露して2位となった銀シャリが翌16年の大会で見事に優勝。本命視される中で、ファーストラウンドでもトップ通過しての完全優勝に、審査員からも「腹立つくらいオモロイなー」(松本人志)「やっていることは変わっていないけど、見る度に面白くなっている」(博多大吉)「感動しました。よく知っているけど、漫才は初めて見た。うまいんやなー」(上沼恵美子)と絶賛の声が相次いだ。

 ここまで見てくると、直近3回は特に顕著だが、前年度に準優勝もしくはそれに匹敵するほどの高評価を得たコンビが、翌年に優勝を果たしているケースが多いことがわかる。この法則に従うと、昨年の大会で敗者復活から見事に最終決戦まで進出して準優勝に輝き、今年はストレートで決勝進出を果たした和牛が、今大会の大本命だ。とはいえ、ブラマヨ、サンド、ノンスタ、パンブーのように決勝初出場で強烈なインパクトを残し、優勝をかっさらう場合も少なくない。今回からはネタ披露の順番が「笑神籤(えみくじ)」による抽選で直前まで決まらないシステムが採用されていることから、展開がより読めなくなる。このように、前年度の成績をもとに今年の戦いを予想するのも一興だろう。

 決勝は、お笑い芸人の今田耕司と女優の上戸彩が6大会連続で務め、12月3日にABC・テレビ朝日系で生放送(後6:57~9:54)される。

■『M-1グランプリ』歴代優勝者(※前年度の成績)
2001年 中川家
2002年 ますだおかだ(4位)
2003年 フットボールアワー(2位)
2004年 アンタッチャブル(3位)
2005年 ブラックマヨネーズ(準決勝敗退)
2006年 チュートリアル(5位)
2007年 サンドウィッチマン(準決勝敗退)
2008年 NON STYLE(初出場)
2009年 パンクブーブー(準決勝敗退)
2010年 笑い飯(2位)
2015年 トレンディエンジェル(2位)
2016年 銀シャリ(2位)
※15年のトレンディエンジェルは14年の『THE MANZAI』の成績

共通テーマ:お笑い

水崎綾女 [芸能]

女優の水崎綾女が15日、2016年7月に結婚した一般男性と離婚したことを発表したそうです
所属事務所が報道各社にFAXを送信した。FAXによれば10月に離婚届を提出したという

 離婚理由については「結婚以前から撮影が多い水崎に対し、男性も仕事に没頭する日々。生活のすれ違いや価値観の違いが離婚の原因」と記されており、離婚届も「また友達に戻って始めようという思いから」婚姻届同様、2人で区役所に提出したという。

 今回の離婚に伴う慰謝料などはなく、水崎の会見予定もないそうです

タグ:水崎綾女

共通テーマ:芸能

めちゃ×2イケてるッ! 加藤浩次 [芸能]

「極楽とんぼ」の加藤浩次(48)が4日深夜放送の大阪・MBSラジオ「極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!」(土曜深夜1・20)に生出演。レギュラー出演するフジテレビの看板バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)の来年春終了に言及し「もう感謝しかない」と謝辞を述べたそうです

 「めちゃイケ」の終了はスポニチ本紙3日付の報道で判明。4日の「めちゃイケ」放送内で、来年春に終了し、1996年10月のスタート以来、21年半の歴史に幕を下ろすことが正式発表された。

 番組冒頭、加藤は「触れないわけにいかない。ああいう形で発表ということになりましたけど、触れざるを得ない」と切り出し「僕自身は正直に言わせてもらうと、もう感謝しかないですね。見てくれた人、さらにスタッフ、一緒にやってくれた演者、これウソでもなんでもなく感謝しかないわ」と語った。

 27歳の時に「めちゃイケ」がスタート。「あの当時、何にもないオレらを拾っていただいて。当時、吉本興業に嫌われていましたしね。あの時、吉本興業のお偉いさんが『極楽とんぼは使うな』とフジテレビに言ったんだけどれども、フジテレビのスタッフの皆さんは『いやいや極楽とんぼでいきます』と言ってくれてね。使っていただいて、ゼロから全部、テレビというものを教えていただいて」と振り返った。

 2006年7月に不祥事を起こして吉本興業を契約解除となり、芸能活動から遠ざかっていた相方の山本も16年7月の「めちゃイケ」で10年ぶりに地上波復帰。「去年、あのような形で、また『めちゃイケ』さんに参加させてもらって、本当に恩しかございませんよ。ありがたいという気持ちしかないです」と感謝した。

 来年春の終了に向け、加藤は「となると、ここから残りあと何回か分かりませんが、自分が与えられた役割は全うしようと思ってますよ」、山本は「そういう場があるならば、全力でやるしかないですね」と誓っていた。

 「めちゃイケ」のレギュラー陣としては、タレントの鈴木紗理奈(40)が4日、主演映画の囲み取材で「私を有名にしてくれた番組。鈴木紗理奈というキャラクターを世に出してくれた。一番泣いたし厳しい番組だった。“芸能界は甘くない、こういうところやぞ”という信念を教えてくれた。私の歴史」と感謝の気持ちを示した。

共通テーマ:テレビ

菜々緒 ライトニング [芸能]

モデルの菜々緒さんが、自身のインスタグラムとブログに『FINAL FANTASY XIII』(ファイナルファンタジー XIII)の人気キャラ「ライトニング」に扮したコスプレ写真を投稿したそうです
写真は、今年5月に放送された『DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA』(ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア)のCMにて、衣装合わせの際に撮影したとのこと。菜々緒さんがオフのライトニングを演じたCMです。

「ハロウィンにコスプレとか恥ずかしくてできないので」と、同CMでは着用しなかったウィッグをつけ、目と共にアプリで色を変えたと報告。写真は計4枚。凛々しい視線をカメラに向けたもの、ノースリーブジャケットにミニスカートの全身ショットも公開しています。SNS上からは「クオリティが凄い」「かっこよすぎ!」「斬り殺されても本望」など驚きと絶賛するコメントが寄せられたそうです

共通テーマ:芸能

中野美奈子アナ [芸能]

元フジテレビのアナウンサー中野美奈子さん(37)の公式ブログ「minako's official blog 中野美奈子シンガポールブログ」にアップされる「シンガポールでのママライフ」を切り取った写真が人気を集めている

清楚可憐な美人ママが愛息とミサに参加
女子アナの登竜門とも言われる、慶応大学のミスキャンパスコンテスト『ミス慶應』出身で、正統派美人アナウンサーとして人気を集めた中野さん。現在は、2010年に結婚した医師の夫と、2016年に出産した長男とともに、シンガポールで生活をしている。中野さんのブログの最新記事「新しくなったNovena Churchへ」では、リニューアルしたばかりの教会のミサに参加した時の写真が掲載されている。白のノースリーブにプリーツスカートの着用した中野さんは楚々とした爽やかさ。上品な膝下スカートから伸びる脚はスラリと細く美しい。長男を抱いて微笑む顔も、現役時代と変わらずキュートだ。

ナカミーは写真が上手? 異国情緒溢れる景色
「シンガポールにも秋がやってきました」というブログでは、長男をベビーカーに乗せて「Autumn Harvest」というイベントに訪れた写真をアップ。異国情緒を放つディスプレイの数々は見ていると楽しくなる鮮麗な色彩。ユーモア溢れるデザインの巨大ジャック・オ・ランタンを前に、チョコンとベビーカーに座っている男の子の姿も愛らしい。

すっかり「南国のママ」が似合う美貌に
「9ヶ月になりました。」というブログに掲載されている、緑あふれる美しいレストランの前で撮影した一枚も微笑ましい。「白のTシャツと黒スカート」というシンプルな装いは、中野さんの大きな瞳がラブリーな顔立ちを引き立てており、カジュアルでありつつ上品な雰囲気だ。長男を抱いた明るい笑顔は「南国のママ」生活ががよく似合っている。

華やかなアイドルアナからスローライフへ
かつては『めざましテレビ』(フジテレビ)などに出演し、超多忙な日々を送っていた中野さん。ブログを見る限り現在は、夫と愛息とともに、ゆったり自由な日々を過ごしているようだ。

「一般の駐在員妻」らしい自由で堅実な日々
「やっぱり食べたい和食in シンガポール」というタイトルのブログの中で、訪れたお店を「シンガポール駐在サラリーマンの聖地」と評している中野さん。ブログ写真の服装はシンプルなものが多く、一般人にも参考になる「お買い物スポット」なども紹介している。そんな「ママライフ」からは、派手な「女子アナ」のイメージとは一線を画す「海外駐在員の妻」らしい堅実な生活が見て取れる。美しいシンガポールライフを切り取った写真満載の公式ブログは、同世代のママやかつての「ナカミーファン」に人気のコンテンツになりつつある

共通テーマ:芸能

まいける [芸能]

「マイケル♪」のフレーズをオチに差し込むトークネタがお茶の間に受け、バラエティーや子供向け番組で活躍したマイケル改め、まいけるさん(45)。ネタがすべってもへこたれない明るい芸風で親しまれたが、2006年に母親の看病を理由に活動を休止。テレビであまり姿を見かけなくなった。今、どうしているのか

■結婚式の司会やイベントで活躍

 まいけるさんに会ったのは、東京メトロ稲荷町駅から徒歩5分、台東区の事務所の一室。「芸能の仕事はうれしい」と喜んで取材に応じてくれた。顔にはうっすらシワが増えて苦労の跡がうかがえるが、明るい笑顔やたくましい体つきは以前と変わらない。

「08年に活動を再開しまして、現在はフリーで頑張ってます。結婚披露宴の余興とか企業のパーティー、ショッピングモールでネタを披露する毎日です」

 2年間のブランクを経て活動を再開した当初は“テレビ慣れ”がたたって苦労したという。

「テレビではネタを数十秒ほど披露するだけで良かったんです。でも、結婚式の司会とか余興とかやると30分以上お客さんを盛り上げないといけません。最初は15分も持ちませんでした。ハハハ」

 冷や汗モノの現場を何年もくぐり抜けるうちに実力がついてきた。

「アドリブでお客さんをいじったり、掛け合いで盛り上げたりできるようになりました。マジックバーでアルバイトをして、基本的なマジックも一通り覚えました。芸の幅は広がりましたね」

 そう言って白い歯をこぼしたまいけるさん。最近は沖縄の弦楽器、三線に熱中しているそうだ。

「まだ始めて2、3年ですけど、1日6時間演奏することもあります。昔はネタ書きなんて1時間もしなかったのに、ダンスとかマジックとか体を動かすこと、好きな芸は長続きするみたいです」

 レパートリーは「涙そうそう」など20曲以上。沖縄の民謡ライブで披露すると、プロ奏者が舌を巻くほどの腕前だという。

 今後は「三線で名人芸を生み出して、またテレビに出たい」と目標を語る一方、「なぜお笑い業界なんて大変なところへ来ちゃったんだろう」と苦笑いも。

■サザンのバックダンサーの過去、SPEEDに振り付けも

 さて、大阪府大東市出身のまいけるさんは、18歳で吉本興業初の男性アイドルグループ「MAM」として芸能デビュー。数年で解散の憂き目に遭ったが、東京へ進出してアーティストのバックダンサーとして活躍するようになった。

 01年からは「マイケル」と改名してお笑いの活動を本格化。バラエティーを中心に活動を続けるさなかの06年10月、心筋梗塞を患った母親の看病をするため芸能活動を休止。その後、08年に「まいける」に改名して活動を再開した。

 バックダンサー時代は「大御所の人たちと匹敵するレベルで踊っていました」と、まいけるさん。実際、その経歴は華々しく、当時人気を博した荻野目洋子やサザンオールスターズ、TRFのバックダンサーを務めた。また、同期や後輩は現在、安室奈美恵や浜崎あゆみらトップアーティストのバックダンサーとして活躍しているそうだ。

「デビュー前の『SPEED』の4人にダンスの振り付けをしたこともあります。沖縄から上京したての中学2、3年の彼女たちが、ボクに一人一人自己紹介してたんですよ。今でも会ったら“マイケルさん”とか“マイケル先生”ってなるんじゃないですかね。でも、こんなに人生逆転するものなのかな。ハハハ」

 芸人としての絶頂期は03~06年。子供向け番組を中心にテレビ出演し、「各局にレギュラーがある感じ」だった。ちなみに当時の年収は?

「2000万円くらいです。ボクはちょっと世に出させていただいただけですが、あのころは『こんなに稼げるのか!』って感覚がマヒしちゃうくらいでした。え、今ですか? 今はサラリーマンの初任給くらいの月収です。男一人なんとか食べていけるくらいですかね」

 苦労したが芸人冥利に尽きる出来事もあった。

「一昨年にテレビ番組のコント企画で、木村拓哉さんと明石家さんまさんという2大スターが、ボクの『どんマイケル♪』を使ってくださった。めちゃくちゃうれしかったです。録画してずっと残してます」

 満面の笑みで芸人の幸せを噛みしめていたそうです

共通テーマ:お笑い

中村蒼 第1子誕生 [芸能]

俳優の中村蒼(26)が23日、第1子が誕生したことを自身のブログで報告したようです
誕生日や性別は明かしていないそう

 「私事ではございますが、先日、第1子が誕生しましたことをご報告させていただきます」と発表した中村。妻の妊娠を公表していなかったが、「母子の安全を考えて、突然のご報告となりました事をご理解いただけますと幸いです」と理由をつづった。

 現在は母子ともに健康といい、「今は妻と子供とこれまで支えてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。新しい家族が増えた喜びと共に、より一層仕事に励みたいと思いますので、これからも変わらぬご声援の程よろしくお願いいたします」と気持ちを新たにした。

 中村は2005年に「第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞して芸能界入りし、翌06年に寺山修司原作による舞台「田園に死す」で主演デビュー。その後もドラマ、映画、舞台に幅広く出演。代表作は映画『ひゃくはち』(2008)、『BECK』(2010)、ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』、『せいせいするほど、愛してる』(2016)など。

 今年1月、6年交際した一般女性と結婚したことをブログで発表していた

共通テーマ:芸能

SEO対策テンプレート