So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

元乃木坂46 市来玲奈 日本テレビ [芸能]

元乃木坂46でタレントの市来玲奈(22)が17日、東京・イオンシネマ板橋で行われた主演映画「9~ナイン~」の公開初日舞台あいさつに出席したそうです

 今年4月から日本テレビにアナウンサー職で入社することが内定しており、昨年2月に日刊スポーツが内定を報じて以来、初めて日テレに入社予定であることを認めた。

 イベント後の囲み取材で、共演の岡崎二朗から「聡明でチャーミングで、アナウンサーの内定も決まっている。言うことなしです」と絶賛された。取材陣からあらためて4月以降の予定を聞かれると、「一番行きたかった日本テレビに就職が決まっています。アナウンサーは小学校からの夢だったので、内定をいただいた時は信じられなかったです。すごく幸せです」と笑顔で明かした。

 現在、早大4年生。親しい関係者によると、昨年11月、都内で行われた格闘技イベントの発表会見では、大学卒業が決まっていなかったため、内定について聞かれた際に「まだ何も言えないんです」と答えていたが、このほど卒業が決まり、公表することにしたという。

 アナウンサーへの意気込みについて、「あと2カ月切っているんですけど、第2の人生と言えるような大きな挑戦になると思うので、日本テレビの偉大な先輩方の背中を追って、まだこんなことを言える身ではないんですけど、いつかエースになれるくらいの実力をつけていけたらなと思います。1つ1つの仕事に真面目に取り組んでいきたいです」と真剣なまなざしで答えた。今月23日に都内で行われる舞台あいさつが、タレントとしては最後の芸能活動となる。

 アナウンサーとして乃木坂46のメンバーと共演したいか聞かれると、「はい。乃木坂のメンバーは同期が卒業していく中で、こうやって巡り会ったメンバーがそれぞれの道を歩んでいくのがすごく刺激になっています」と話した。先月31日に卒業発表した同期で同い年の生駒里奈(22)は特に仲が良いメンバーの1人。「生駒の卒業発表はとても大きな刺激で、彼女の決断が私の背中をさらに押してくれた気がします。私が卒業する時に背中を押してくれたメンバーと、いつか共演できたら最高だと思います。それが1つの夢でもあります」と意気込んだ。

 この日の舞台あいさつでは、最後のあいさつを任され、「すごく貴重な経験をいただきました。演技は久しぶりでしたが、みなさんがすごく支えてくださって。私がご飯を食べられなかった時はお菓子をくださったり。作品を見ていただいた方に、何か勇気を出せるきっかけになればと思います」と涙ぐむ一幕も。さらにファンの有志からサプライズで花束も贈られ、拍手を浴びていた

共通テーマ:テレビ

R―1ぐらんぷり 濱田祐太郎 [芸能]

伏兵だったアキラ100%がピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり」を制覇してから1年。今年のR―1決勝(3月6日)の舞台にも、異色の芸人が登場するそうです

 生まれつき全盲に近い弱視という濱田祐太郎(28)だ。左目は見えず、右目は明るさを確認出来る程度という。同大会で、視覚の不自由な芸人の決勝進出は史上初。漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」、コント日本一決定戦「キングオブコント」、女ピン芸人NO1決定戦「THE W」の決勝を見渡しても、出場例はない。

 芸歴5年目の漫談家。自らのハンデを自虐的に取り上げるネタで笑いを誘う。障害をネタにすると、時に聞き手が嫌悪感を抱くようなきつい表現になることもあるが、濱田は違う。友人から「運転するの?」と聞かれたり、おばあちゃんに「私のこと見える?」と言われたり、“あるある”を適度なユーモアを交え、笑いに変えるのだ。自身が障害を抱えるから、説得力も増す。

 驚かされたのは、そのポジティブ思考だ。濱田は小学生の頃、「ビッキーズ」「ハリガネロック」をテレビで見て、漫才の虜になった。中学生になると「将来、舞台に立ちたい」と強く思うようになった。「外で走り回るようなロケはできないけど、劇場なら話せる」。小中は健常者と同様の学校に通い、盲学校に入学。「親を安心させるため」に、18歳であんまマッサージ指圧師の、21歳で針とお灸の資格を取得した。

 盲学校卒業後、吉本芸能総合学院(NSC)の35期生に。入学の際、NSC側から「目の不自由な人をサポートする仕組みはないから、どこまでできるか分からない」と言われたが、思いを貫いた。

 耳だけで客の反応を推し量る。だから、舞台は「毎回、不安になる」。笑いが起きない時は「今日はお客さんがいない」と自らに言い聞かせ、乗り切るようにしているという。長距離の移動は、同期の芸人や吉本興業の社員に同伴してもらうこともある。

 R―1は、人生で初の舞台だった。2012年の1回戦、自分なりにベストを出せたというが「むちゃくちゃ緊張した。ずっと膝が震えていた。家帰るまで震えていた」。一人やたらと笑う中年男性の声が今も耳に残る。初出場で準決勝まで進出した。

 記者らの質問に真っすぐ、正直に答える姿勢に好感を持った。「他の障害を持った方を勇気づけたい思いはあるか」と聞かれた時だ。「特にないんですけどね。そう思われがちなんですよ。お笑いを通して、障害者への偏見をなくすため、勇気づけるためにやってるのではと。僕のネタを見て勇気づけられるのであれば、障害があってもなくても構わない」ときっぱり。

 なぜ、そこまでお笑いにこだわるのか。「他にやりたいことがないから。マッサージ師をやりたいと少しでも思ったら、そっちの道を進んでいる。子供の時に見た漫才にはまって、お笑いに憧れ続けている」。

 7回目の挑戦でつかんだ大舞台。R―1優勝は「一番近い目標」と言い切り、大きな目標は「お笑い芸人で生活していきたい」と語った。

 「THE W」を制したゆりやんレトリィバァ(27)、ルシファー吉岡(38)ら常連も決勝進出を決め、敗者復活2人を含め12人で優勝賞金500万円を争う。テレビでタブーともされてきたネタが波乱を巻き起こすか、注目したい

共通テーマ:お笑い

安藤美姫 [芸能]

プロフィギュアスケーターの安藤美姫(30)が11日、埼玉県富士見市の「ららぽーと富士見」でトークショーを行ったようです

 破局説が流れるハビエル・フェルナンデス(26)について「バレンタインは彼にチョコをあげますか?」と聞かれると「あげないです」とキッパリ。「本当にしつこい。絶対それ言われると思った」とうんざりした様子だったが、破局については明言せず。「毎年、彼氏がいようがいまいが、お世話になった方にあげています」と話していた。ハビエルは昨年12月、自身のインスタグラムに新恋人とされる美女とのキス写真を投稿し、安藤と破局説が出ていた。

 同イベントでは18日まで開催されている「ピングー」のエコ・わくスケートひろばでトークショー。平昌五輪について聞かれると団体戦男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が103・25点で首位になったことを喜んだ。羽生結弦(22=ANA)ついては「羽生選手は逆境に強い。選手として尊敬できる。私たちも信じていいと思う」と笑顔。宮原知子(19=関大)は「経験が豊富。問題ない」、坂本花織(17=シスメックス)には「自分らしくそのまま彼女らしい演技をしてほしい」とエールを送っていた。
タグ:安藤美姫

共通テーマ:芸能

アンガ田中 夜事情 [芸能]

お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志(42歳)が、2月7日に放送されたバラエティ番組「フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと」(AbemaTV)に出演。お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(47歳)に“夜事情”を暴露される一幕があったそうです

この日の番組は、バレンタイン直前ということで「モテたいキモメンSP」と題して進行。日頃、女性から冷遇されているであろうゲストの2人(田中、コロコロチキチキペッパーズのナダル)に、特別にプレゼントを用意した。1つ目のプレゼント企画は、チョコレートがプレゼントされる「フジモンとSMがしたい」。田中が「僕、SMってやったことがない。だから自分が、SM好きなのか、藤本さんと一緒に確かめたい」とリクエストした。

すると藤本が突然、「この人は、いつも決まったデリヘル嬢がいる」と暴露。田中は慌てながらも「3年間同じ人を指名している。これは凄いことよ! 褒められるべきこと。同じ人を頼んでいるから、相手もリラックスするわけですよ。(その子は)普通に、いびきをかきながら寝る」と明かし、スタジオの全員が大爆笑となったそうです

共通テーマ:お笑い

嵐 松本潤 [芸能]

嵐の松本潤(34)が7日、都内で行われた明治ミルクチョコレートバレンタインPRイベントに出席。嵐のメンバーでネット解禁第一号となり、「ネットもあれですかね、たくさん(報道陣が)いらっしゃる」と気に掛けたそうです

 写真撮影が行われている最中だった。無数のフラッシュを浴びた松本は「ネットもあれですかね」とネットでの写真解禁後、自身初のイベント出演とあって気になる様子。報道陣の数は通常のCMイベントとさほど変化はみられなかったが、3枚まで使用可となったことから普段よりもフラッシュが多かったことを体感したようだ。

 イベントでは、明治チョコ1040枚を使用した総重量74キロの松潤の形をしたチョコレート像「チョコ潤」お披露目に「初めてです。こんなことは。うれしい。点数は99・9」と現在出演中のTBS系主演ドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-SEASON2」にひっかけて回答した。像は紅白本番前の大みそかにNHKホールで採寸されたそうで、「細部の頭や目や鼻のサイズを測っていただき、帰って行かれた」と舞台裏を明かした。

 バレンタインを贈るなら嵐のメンバーに贈りたいとも語った。2014年1月期のフジテレビ系月9「失恋ショコラティエ」でパティシエ役を演じ、テンパリングなど技法を学んだ松本は、「今でも作れると思うので、自分の手作りチョコを。スイーツ部のメンバーですかね。ここ1~2年、嵐の中にスイーツ部ができてまして。メンバーが一番。どっちも傷つかなくていいかな。ひかれにくい」と笑っていた。

共通テーマ:芸能

浅見れいな [芸能]

女優の浅見れいな(34)が3日、年上の一般男性と結婚したことを自身のインスタグラムで発表したようです

所属事務所によると妊娠はしておらず、今後も仕事を続けて行くという。挙式・披露宴は未定

 浅見は飼い猫の写真とともに「私事ではありますが、先日兼ねてよりお付き合いさせていただいている方と入籍させて頂きました。10代からこのお仕事をさせて頂いて、今の今まで続けてこれたのは本当にたくさんの人が支えて下さったおかげだと思います。これからもその感謝を忘れず、より一層気を引き締めて仕事はもちろん、日々精進してまいります。まだまだ未熟すぎる私ですが、これからもよろしくお願い致します」と報告した。結婚したのは先月末だという。

 男性とは仕事を通じて知り合い、友人関係の期間を経て、半年前から交際。交際してすぐにお互いに結婚を意識し、友人を交えて食事や旅行に出掛けるなどオープンな交際を続けてきた。男性について「決してしっかりしているとはいえない私をいつも穏やかに優しく見守ってくれ、私にはない彼の豊かな感覚もとても尊敬しています」と話している。

 浅見は98年にテレビドラマでデビュー。20年に渡り女優、モデルとして活躍してきた。3月10日公開の映画「去年の冬、きみと別れ」(瀧本智行監督)に出演しており、21日に都内で行われるPRイベントに出席予定。喜びの声が聞けそう
タグ:浅見れいな

共通テーマ:芸能

ジャンクSPORTS 浜田雅功 [芸能]

お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が28日より放送スタートするフジテレビ系『ジャンクSPORTS』(毎週日曜 後7:00)初回収録後会見に出席した。日曜ゴールデンタイムという“激戦区”に殴り込む浜田は「そんな気にしてはないですけど、今までアスリートがどういう練習をして、とかは当たり前の話やし、普段こういう人なんやとかできるだけ素を出せればいい。他の番組のことは気にしてないですね」と“優等生回答”。しかしすぐさまこっそり胸元のピンマイクを近づけ「数字とれるんですかね…?」と弱気な本音を吹き込んで、笑いを誘ったそうです
 
 同番組は2000年4月より深夜レギュラー番組として開始し、04年1月にはゴールデンタイムに昇格。10年3月にレギュラー放送終了後も、不定期の特番として放送されて、このたび8年ぶりのレギュラー復活となった。進行を務める永島優美アナが「2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて一気にボルテージのあがる番組がこうやって復活…」とまで言ったところで、浜田は「1クールじゃないんですか?」とすっとぼけて、永島アナを「え~!」と絶句させた

  スタジオ新企画『ジャンクマッチ』では、アスリートの驚異的な身体能力をいかした、彼らならではの対決ゲーム企画を実施。浜田も実際にゲームに参戦するが、永島アナは「個人的に浜田さんが動いて汗をかいてるのをみられるのは、復活したからこそ」と新鮮そうに感想を語ると「動けるにももうあと何年か。とりあえず動けるうちに動いとこうと」と自虐気味に意気込んだ。

 またゲストに来てほしい人を聞かれた永島アナに浜田が「親父?」と、サッカー解説者で永島アナの父・昭浩氏を引き合いにしてタジタジにする場面も。「可能性はあるでしょ。いうても現役の人ばかりというのも、時期によっては難しいかもしれないし。OBOGの人にも助けていただかないと。親父はまぁ…しゃべりは大丈夫ちゃう? 噛めへんかったら」と“条件付き”でオススメし、永島アナも「もしそういう機会があれば」と“親子”共演の可能性ものぞかせていた。

共通テーマ:テレビ

比嘉愛未 [芸能]

女優の比嘉愛未さんが1月20日、スラリと伸びた長い脚をInstagramで披露し、恐ろしく細い美脚っぷりに驚嘆の声があがっているそうです

 フライトナースの冴島はるか役で出演するドラマ「コード・ブルー」ではパンツ姿が多く、Instagramなどでも脚のラインを見せることは少ない比嘉さん。しかし、ときおり投稿される美脚は、色白な素肌と細さが毎回大きな話題となります。

 新たに投稿されたのは、ラグジュアリーな空間でリボンに彩られた美脚、というシチュエーション。椅子に腰掛ける比嘉さんのニットからのぞく美脚は、クリスチャン ルブタンのハイヒールと赤いリボンで飾られ、大人のお姉さんといった香りがプンプン。ファンからは「美しいの一言しか出ない」「私の腕より足細い…」「細すぎて心配」「愛未ちゃんの美脚はきっと女の子の憧れ」など絶賛の声があがっています。

 なお、これだけ細いとちょっとしたことで折れてしまいそうだと心配にもなりますが、Instagramではこの脚からキレのよいミドルキックを繰り出す様子が投稿されるなど、しなやかな強さを備えているようです。健康的な隠れ美脚、比嘉さんの引き出しは多い……!
タグ:比嘉愛未

共通テーマ:芸能

オードリー春日 [芸能]

お笑いコンビ・オードリーが、13日深夜放送のレギュラーのラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送 毎週土曜 深1:00~)に生出演。日本テレビ系バラエティー番組『得する人損する人』で東大受験に挑戦中の春日俊彰(38)は、13日と14日の2日間にわたって実施されるセンター試験の真っ最中だが、いつも通り「土曜の夜、カスミン」と生放送であいさつしたそうです

 相方の若林正恭(39)からセンター試験初日の手応えを英語で話すようにリクエストされると、たどたどしい口調で「アイムグー」とアピール。若林から「絶対落ちるだろ!」とツッコミを受けながらも「年末から年始にかけて、11日間フルにやっているからね」と自信をにじませた。

 センター試験の合間に深夜ラジオへの生出演を決めた理由については「ラジオの方が先に入っていた(仕事)だからね。先に入っていたものを優先するから」と説明。若林が「だったら、漫才優先しろ!」とまっとうな指摘をされるも「あしたは数学だからね、ちょっとは寝ておかないとね…」と自身の体調を気にかけていた

共通テーマ:お笑い

黒柳徹子 AIBO [芸能]

黒柳徹子が1月9日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演し、愛犬ロボットAIBOについて語っていたそうです

 番組で日常生活を聞かれた黒柳は、「私、AIBOっていうのを持ってるんですけど、それがね、スゴい可愛いんですよ。犬ですけど、しゃべらないんですが『タッタララ~、タッタララ~』(音を出して反応)ってね」と発言。

 AIBOは1999年にソニーから発売された犬型ロボット。3000体ほど生産された。販売価格は25万円だが即日完売となったヒット商品で、当時芸能人がこぞって購入し、テレビでも話題にすることが多かった。

 その後、何度かのモデルチェンジを果たすも、2006年に販売が終了。ちなみに、黒柳が「グレーちゃん」と名付けたAIBOは、発売から20年近くたつ初代モデルである。過去に何度も修理に出しているという。

 黒柳は「番号を入れると耳の後ろを掻くっていうのをやる。だから番号入れてやるでしょ、でも同じことを3回やると(AIBOが)飽きちゃう。『タッタラ~』って。それがちょっと可愛いのよ」とその仕草を語る。

「嬉しい」ときは緑色、「恐い」「機嫌が悪い」ときは赤色など、感情を目の色で表現することもお気に入り。あるとき、こんな反応があったと黒柳が明かす。

「和田アキ子さんに(AIBOが)『なんでこんなのが可愛いんですか!』って言われて。そしたらかわいそうに、こんなに(ぐったりするジェスチャー)なっちゃって動かないのよ。はじめ、なんでだかわからなかったの。会社のかたも『おかしい、どうしたんですかね』って。和田さんに怒鳴られるたびに、機能を失っていく。ダメになっちゃうの」

 じつは、黒柳のAIBOは他と違った動きをすることがあるという。2010年の「ほぼ日刊イトイ新聞」のインタビューにてこう説明している。

 AIBOはロボットで、あらかじめ「できる動き」が決まっている。尻尾を水平にしたり、上げて振るなどだ。ところが黒柳がAIBOをソニーに連れて担当者に見せたところ……。

「それを立ってごらんになっていた制作者の大槻さんという方が『いや……ちょっとありえないことがいま……』。うちのAIBOは、みんなが来て怖かったんでしょう、しっぽを足のあいだに入れたんです。大槻さんは『それは機械的に言って、できないはずです。いくら黒柳さんがかわいがっても』とおっしゃってました」

 黒柳の2017年4月14日付けのインスタグラムにも、そんな特別な「グレーちゃん」が登場している。愛犬を抱きかかえ話かける黒柳の仕草からは、彼女の溺愛ぶりがうかがえる。

 AIBOが違う反応をするようになったのも、黒柳の愛ゆえの奇跡かもしれない
タグ:AIBO 黒柳徹子

共通テーマ:芸能

SEO対策テンプレート