So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

与沢翼 [芸能]

投資家の与沢翼さんが6月13日にTwitterでダイエット宣言し話題を集めたが、それから約2ヶ月。順調な成果が出ているようです

開始時に91.2kgだった体重は、現在69.85kgまで減量。

20kg以上の減量を果たした与沢さんの過去と現在の写真を比較するとその差は一目瞭然。

一瞬誰かわからないほどの驚異の変貌ぶりが、ネット上でも話題になり始めている。

ネオヒルズ族と呼ばれた与沢翼がダイエット宣言
情報商材などを販売するインターネットビジネスで「秒速で1億円を稼ぐ」というフレーズが話題になり、“ネオヒルズ族”としてかつてテレビなどでもたびたびお茶の間にその姿を見せていた与沢翼さん。

漫画『闇金ウシジマくん』でモデルになるなど、人気絶頂と思われた最中、2013年に傷害で書類送検、2014年には突然の破産申告など、様々な挫折を経験した。

しかしそこで終わらず、現在はドバイに豪邸を構え、妻と子供と生活しながら投資家として活動。仮想通貨事業などへの投資で再び返り咲いている。

それまでTwitterではビジネスやプライベートに関する投稿が多かった彼が、突如ダイエット宣言。6月13日から続くハードなダイエット報告は一部で注目を集めてきた。

長年、与沢翼さんの活動をウォッチしてきたKAI-YOUでも、いち早くその動向をお伝えしてきた。

「私は金稼いでない人間が遊ぶのはおかしいと思って生きてきた。今は、痩せてない人間が飯を食ってるのはおかしいと思って生きてる。」など、時にビジネスと絡めた語録も。実にストイックな姿勢がうかがえる。

具体的には、断食や筋トレ、自転車での有酸素トレーニングなどを実践し続けているようだ。

短期間でも成果をだす与沢流
8月2日には、ダイエット前と比べた写真を投稿。痩せているのが一目瞭然で、その辺りから一層話題を集め始めた。

そして、ついに約2ヶ月で20kg以上のダイエットに成功した与沢翼ささんに対してフォロワーからは、「本当にすごい」「めっちゃイケメン」「追い込みが神レベル」「すごすぎて言葉が出ないです。」など数々の賞賛が。

もともとベビーフェイスだった与沢翼さん、確かに顔も引き締まってグッとイケメンになっている。

その言動や事業形態から敵も多い与沢翼さんだが、ダイエットにかける情熱と有言実行の姿勢、その成果には、多くの人が驚いている。

Twitterでは、成功哲学ならぬダイエット中の心得を公開。記念日や誕生日などのイベントはせず、人にも会わないことを明かしている。

果たして、最終的にどこまでの成果を出すのだろうか
タグ:与沢翼

共通テーマ:芸能

リア・ディゾンの今 [芸能]

2006年夏、「グラビア界の黒船」の鳴り物入りで来日し、その美貌とセクシーなグラビアで社会現象を巻き起こしたリア・ディゾンさん(31)。歌手としても活躍し、翌年末のNHK紅白歌合戦にスピード出場を果たすなど、まさに“黒船”級のインパクトだった。しかし、人気絶頂の08年に結婚と妊娠を発表。2年後に離婚、帰国して以降はほとんどメディアで見かけなくなった。今どうしているのでしょうか

 リアさんに会ったのは、JR原宿駅から徒歩5分の所属事務所の一室。「日本に来るのは4年半ぶり」と話すリアさん。来日直後で「時差ボケなんです」と笑いながらも、かつて日本中を魅了したルックスは健在。ヘーゼルナッツ色の瞳は吸い込まれそうに美しい。

「今は出身地のラスベガスの都心から少し離れたところに住んでいます。のどかな郊外なので、子供を育てるには良い場所だけど、砂漠だから気温は45度。この夏の日本よりも暑いんですよ」

 実はリアさん、シングルマザーとして一人娘のミラちゃん(9)を育てながら、現地の大学に通い研究の道を歩んでいる。

「ネバダ州立大学ラスベガス校の4年生で、社会心理学を学んでいます。大学進学の時期と日本デビューが重なったこともあって、ずっと大学で学びたい気持ちがあったんです。今の研究テーマは『なぜ女性は過小評価されているか』。数学や科学技術、工学の分野で活躍する女性が少ない原因を、統計や論文を読みながら研究しています」

 子育てと学業の両立は大変だ。早起きして朝食を作り、小学校に通うミラちゃんと一緒に家を出る。大学の帰りに迎えに行き、夕食を作って済ませると、ミラちゃんが寝ついてから机に向かう。

 それでもリアさんのモチベーションは高い。「卒業後は大学院に進み、研究を続けていく」と目標を語ってくれた。

「研究は難しい。でも、学ぶことによって自分の生活の助けになっています。違う目線で世界を見ることができるようになったし、視野が広がりました。子育てにも役立ってます。もともと書いたり、読んだりすることが好きだから全然苦じゃなくて、むしろ自分に合ってると思うんです」

■「黒船のイメージを壊すのが怖かった」

 さて、米ラスベガス出身のリアさんは、自身のサイトにセーラー服姿などの自撮り写真を公開していたところ、検索数が200万件を超える話題に。SNSでも拡散され、06年の日本デビューのチャンスをつかんだ。

「当時はみんなの注目を集めたかった、それだけでした」とリアさん。来日当時、「グラビア界の黒船」と騒がれ、注目を集めたことについて改めて聞くと、「ペリーのことは知ってたけど、黒船って……(笑い)。新しいなと思った。でも、すごいプレッシャーでした」と振り返った。

「『黒船』のイメージを壊しちゃうのが怖くて、日本で友達をつくることも積極的にしなかったんです。スキャンダルや、よくないウワサを立てられるのも怖かったですね。それに、当時はご飯もあまり食べられませんでした。仕事が忙しかったのもあるけど、体形をキープしないといけないので。だから、日本での思い出は、いつもおなかがすいてた(笑い)」

 出演したネット番組はアクセスが殺到し、サーバーダウン。大手ポータルサイトの画像検索ランキングでは1位を獲得。07年大みそかのNHK紅白歌合戦にはヒット曲「恋しよう♪」で初出場。翌08年は日本ゴールドディスク大賞受賞と、爆発的ブレークが続いた。

 しかし、同年10月、全国ツアー最終日のアンコール中、突然の妊娠報告でファンに激震が走った。気持ちに迷いや不安はなかったのか。

「もちろん、ありました。仕事を続けようか、すごく迷いました。混乱したし、どうしたらいいのか、とても複雑でした」

 離婚については「もう、すごく昔のことで、よく覚えてない」と笑いつつ、こう話してくれた。

「友達に『離婚したよ』と話したら、みんなが『あー、分かってたよ』って(笑い)。でも、いますごく幸せだから!」

 娘ミラちゃんも母親に似て本を読んだり絵を描くのが大好きなのだとか。「彼女のしたいことをさせてあげたい」とリラックスした表情で語るママの一面も見せてくれた。

共通テーマ:芸能

石原さとみ 綾瀬はるか [芸能]

ホリプロの“先輩・後輩”の明暗がくっきりと分かれたようです

 石原さとみ(31)主演の「高嶺の花」(日本テレビ系)の第5話の視聴率は8・2%と、再び過去最低を記録。初回の11・1%が最高で、それ以降は9・6%、8・2%、9・2%とひとケタが続いている。

 一方、先輩の綾瀬はるか(33)主演の「義母と娘のブルース」(TBS系)の第5話の視聴率は、過去最高の13・1%を記録した。初回の11・5%から上昇傾向が続いている。

 事務所の二枚看板、石原と綾瀬は活動経歴や年齢がかぶり、過去にも容姿やキャスティング、男女関係、写真集の売り上げなどが比較されてきたが、今回は綾瀬に軍配が上がったようだ。石原は撮影現場を盛り上げようと頑張っているらしいが、苦戦しているのはナゼなのか。

 ネット上には「ビジュアルがちょっと苦手」「本当ムリです」などと、石原の恋人役・峯田和伸に問題があるかのようなコメントもあるが、コラムニストの桧山珠美氏は「『SHOWROOM』前田裕二社長との恋愛報道がミソをつけたのでしょう」と、こう指摘する。

「『ZOZOTOWN』前澤友作社長と交際中の剛力彩芽もそうですが、裕福なIT社長と女優の恋愛に世間は興ざめしています。以前から石原には“恋多き女”のイメージがあり、今も決して印象は悪くありません。ただ、綾瀬と比べると、どうしても見劣りしてしまう。綾瀬は松坂桃李と別れて以来、熱愛の話がなく、“処女性”さえ感じさせますからね」

 ドラマの役柄や演出の影響もあるようだ。

「石原は“伝家の宝刀”の分厚い唇を使って峯田とキスシーンまで披露しましたが、その峯田がネット上で〈気持ち悪い〉などと言われているものだから、台無しになってしまいました。脚本家の野島伸司氏が描くクセのある役柄も、共感を呼びにくいのかもしれません。石原は『校閲ガール』『アンナチュラル』と、役柄にも恵まれて女優としてステップアップしていただけに残念です」

共通テーマ:テレビ
前の3件 | -

SEO対策テンプレート