So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

きゃりーぱみゅぱみゅ [音楽]

高校卒業後の18歳の時、中田ヤスタカのプロデュースでメジャーデビューを果たしたきゃりーぱみゅぱみゅ。原宿のストリートから鮮烈なデビューを飾った彼女は、いつしか“ジャパニーズポップアイコン”と呼ばれ、KAWAii文化を象徴する人物として認識されるようになった。月日は経ち現在26歳。4度にわたる海外ツアーや出雲大社、京都・南座でのスペシャルライブなど、アーティストとしてさまざまなキャリアを積む彼女の表現方法は日々“進化”している。どんな挑戦も「そのままの自分」だが、なかなか更新されないイメージ、新たな挑戦に対する周囲の反応には戸惑いを感じることもあるという。ずっと派手でポップなきゃりーぱみゅぱみゅだけじゃないのに――新曲「きみがいいねくれたら」には、そんな彼女の思いの内が見え隠れしているようです

◆新しい挑戦は「もう少しポジティブな目で見て欲しい」

――新曲「きみがいいねくれたら」は、放送中のドラマ『向かいのバズる家族』(読売テレビ・日本テレビ系)の主題歌。「SNS」を主に置いた、時代感のある前向きなメッセージソングとなっていますが、詞曲を手がけた中田ヤスタカさんから楽曲を受け取って、どんな印象を受けましたか。
【きゃりーぱみゅぱみゅ(以下、きゃりー)】 歌詞を見た時、私の楽曲としては新しいタイプの楽曲だなと思いました。これまでは、全体的にハッピーなタイプの歌詞が多かったんですが、「きみがいいねくれたら」は冒頭ネガティブな内容から始まります。私もそうだったんですけど、10代、20代の女の子って本当に毎日、心の浮き沈みが激しいなと思っていて。たとえば、好きな人から連絡が来ただけでウキウキしたり、小さなことで落ち込んでしまったり。そういう誰もが抱えている悩みに寄り添って、「わが道を進んで良いんだよ」と背中を押してくれるような前向きな歌詞を中田さんが書いてくれました。心に刺さる言葉がたくさんあって、私も聴いてすごく励まされました。そういう歌詞が、ポップでキャッチーなメロディーで展開されていくのもすごく良いなと思いました。

――今現在のきゃりーさんの思いに、シンクロするような部分があったということですね。
【きゃりー】 そうですね。中田さんは毎回、どこか私の心の中を代弁してくれているような楽曲を作ってくださるんです。「最近どう?」って聞かれた時に話した内容が、自然と曲になっていることがあるので本当にリスペクトですね。

――今回の曲に関しては、きゃりーさんのどんな思いを中田さんが汲み取ってくれているのでしょうか。
【きゃりー】 私の場合、「もしもし原宿」や「つけまつける」など、出たてのインパクトの大きさが影響しているんでしょうけど、大人っぽいこととか、ちょっとでも何か新しいことに挑戦すると、すぐに「もう落ち着いちゃうんですか?」っていうようなことを言われたり、書かれたりしてしまうことが多いんです。ずっと派手でポップなきゃりーぱみゅぱみゅだけじゃないし、それは私にとっての挑戦だから、もう少しポジティブな目で見て欲しいのに……(笑)。でも、そういう新しい挑戦をネガティブに捉える目線っていうのは、私に対してだけじゃなく、日本ならではの風潮としてあるような気がしていて。そういうことに対するメッセージがこの曲には入っている気がしましたし、この曲を聴いて私自身もわが道を進むべきだなと改めて思いました。

◆欅坂46のメンバーなど、年下の子との「交流」がエネルギーの源に

――タイトルにもあるように、この曲はSNSがキーワードになっています。きゃりーさん自身、Twitterに525万人、Instagramには127万人とSNSに多くのフォロワーがいらっしゃいますが、SNSはどんな存在ですか?
【きゃりー】 SNSはすごく便利であり、難しいツールだと思っています。ケイティ・ペリーさんが「PONPONPON」をTwitterで共有してくれるなど、私は結構SNSで広がっていくタイプのアーティストだと思うので感謝はすごくあるんですけど、たまに炎上することもあるし(笑)。でも、ダイレクトに自分をアピールできる場でもありますし、海外をはじめ多くの方とつながることができるのは本当に大きいなと思います。ブームなど世の中の流れを知ったり、一般の方の投稿からアイデアを得たりすることもあります。

――SNS以外では、普段どんなことからアイデアの着想を得るんですか? ご自身で情報を広いにいくような場所ってありますか。
【きゃりー】 映画とかたまに行く美術館とか、そういうものから吸収することが多いような気がします。新曲のMVは、「ヒゲと逆再生」がテーマなんですが、それはある映画をヒントにしました。あとは知り合いとご飯を食べにいくのも大切な時間。これまでは比較的、年上の方とご飯に行くことが多かったんですけど、ここ最近は、欅坂46の子とか年下の方と行くことが増えました。年上の方からは、人生の先輩としてもちろんいろいろなことを教えてもらえるんですけど、自分がおばちゃん化してきたせいもあって(笑)、旬なモノゴトなどは年下の子たちから教えてもらうことが多くなりました。それに、年下で頑張っている子と接すると、私も負けていられないなっていう気持ちにもなります。最近、そういうエネルギーの源は、主に年下の子からもらっています。この前も、にこるん(藤田ニコル)と初めて一緒にご飯に行ったんですけど、すごくたくさん刺激をもらいました。

回を重ねるごとに手応えが増す海外公演、一方で悔しさも
――先ほど、海外というワードも出ましたが、昨年4度目のワールドツアーをイギリス、ドイツ、中国、アメリカの4ヶ国、7都市で開催されました。手応えはいかがですか?
【きゃりー】 年々、会場の熱気が増している気がするし、ファン層も広がったように思います。初めてワールドツアーを行った13年など、最初の頃は私や楽曲にまつわるコスプレをして来てくださるファンの方が基本的に多かったんですけど、昨年はロックンローラーのような風貌の方や、どこで知ってくださったのか、年配の方たちも会場にいらっしゃったりして。この傾向は、日本のコンサートでも見られることなんですが、段々とファン層が広がっていっている感じが伝わってきて嬉しかったです。すごく緊張するけど、世界を回ると毎回少しパワーアップして戻って来られる感じがあります。

――昨年のワールドツアーは、17年に東京で開催したハロウィン公演を“輸出”した形ですが、海外向けに何か変えた部分はありますか?
【きゃりー】 私は日本だから、海外だからっていうことは、これまであまり意識したことはなくて、あくまでも“そのままの自分を発信していく”というスタンスで活動を行っています。なので、昨年もコンサート中に流れる映像に字幕を付けたくらいで、海外仕様に特別な演出はしていません。面白いのが、日本と海外とでお客さんのリアクションが全然違うこと。コンサートでは冒頭、“ハロウィンの日に、私がおばけ界からスカウトを受ける”といったストーリーの映像が流れます。日本ではお客さんたちが映像に見入ってすごくシーンとした空気が漂うんですけど、海外では皆さん大爆笑で(笑)。私としては盛り上がって欲しくて作っているので、その反応がすごく気持ち良かったです。「なんか今日、ちょー良い感じかも!」って、モチベーションも上がりました。

――やっぱり、国や地域によってリアクションは異なるものなんですね。
【きゃりー】 アンコールも日本は手拍子が基本ですけど、海外は足踏みなんですよね。あと海外では、「CANDY CANDY」などのサビに少し英語が入った楽曲や、「チェリーボンボン」などのキーワードを繰り返す楽曲のほうが、会場の反応が良いですね。ワールドツアーを回ると、文化などいろいろな違いが見えて面白いなと思いました。

――本当にいろいろなことを吸収されているんですね。きゃりーさんは、活動初期から海外で活躍されていますが、そういった活動のなかで感じることはありますか。
【きゃりー】 「PONPONPON」という楽曲をきっかけに、ワールドツアーまで回らせていただけるようになって、本当にミラクルだなと思います。ただ、やっぱり海外では、アニメやコスプレのような日本カルチャーのほうが強いので、そういう状況に悔しさを感じることもあります。私自身、もっと頑張っていかなきゃいけませんし、日本には良い音楽やアーティストさんがたくさんいるので、そういう良さも伝えていけたらなと思いますね。“ジャパニーズポップアイコン”という枕詞には、未だに戸惑いも大きいですが(笑)、そんなふうに言っていただけることはすごくありがたいですし、それに恥じない活動をしていきたいなって思います。ただ、私自身が特別何か言ってきたわけではないので、「KAWAiiとは?」って言われても正直わからなくて(笑)。よくそういう質問をされますが、その時は「その人がカワイイと思ったら、それがカワイイんだと思います」みたいな感じで正直に答えています(笑)。

◆「路線変更か?」みたいなネットニュースとか、本当に書かないでほしい(笑)

――いよいよ新しい時代を迎えました。8月でデビュー9年目を迎えますが、令和はどのような年にしていかれますか。
【きゃりー】 令和は挑戦しかないと思っています。改元してリセットっていうわけではないですけど、やっぱりゼロからのスタートになるので、心を改めて活動していきたいなって思います。ポップなきゃりーぱみゅぱみゅだけじゃなく、曲ごとに新しい一面を見せていきたいと思っているので、先ほども言いましたけど皆さんには温かい目で見守ってほしい。「路線変更か?」みたいな嫌なネットニュースとか、本当に書かないでほしいです(笑)

――実際、どのように進化していくと思いますか?
【きゃりー】 私はどちらかと言うと、小さな目標を1つずつクリアしていくタイプ。「5年後に東京ドーム公演をやる!」とか大きな夢が全然なくて、それは悩みでもあるんですけど(笑)、周囲の皆さんに支えていただきながら1つひとつ壁を乗り越えることができたからこそ、これまでの活動は本当にずっと楽しかったですし、一度も病むことなくここまでくることができました。ただ、この先もこのまま行っていいのかと言ったらそれも違うと思うので、大きな夢は探しながらですけど、リスナーやファンの方々に常に寄り添って、背中を押していける存在になれたらなと思います。

共通テーマ:音楽

SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。