So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

上野樹里 [芸能]

元号が令和に変わって最初のフジテレビの“月9ドラマ”「監察医 朝顔」(7月8日~)に上野樹里(33)が主演する。上野の月9ドラマ出演は、玉木宏とダブル主演を務めた2006年10月期の「のだめカンタービレ」以来、実に13年ぶり。

 上野が今回演じるのは、大学勤務の新米法医学者。原因不明の遺体の死因を究明する役どころだ。上野は数カ月前から現役の法医学者に指導を受けながら撮影に臨んでいるという。

 この上野の父親役を務めるのが時任三郎。ベテラン刑事としても上野に寄り添う重要な役柄を演じるという。現在のドラマのトレンドである“医療もの”と“刑事もの”を融合する試みがうまく当たれば、高視聴率を稼ぐ可能性は十分にある。ただ、今回の主演を上野でいくと決めた際は、フジ局内からは反発の声も上がったという。

 ひとつはブランクの問題だ。上野は11年にNHK大河「江~姫たちの戦国~」で主演を務めた後、徐々に露出を減らし、16年にはロックバンド「トライセラトップス」のギタリスト和田唱(43)と結婚。昨年、同局の連ドラ「グッド・ドクター」に出演するまでは、“2年に1度”くらいの緩やかなペースで仕事をセーブしてきた。

 どうやら、上野が大河「江」の終了後に仕事をペースダウンさせたのは、結婚以外に別の理由もあったようだ。あるドラマ関係者がこう語る。

「実は上野樹里さんは、気難しい女優として知られています。プロ意識が高いのかもしれませんが、役柄を巡って演出家や共演者と口論を繰り返すのは日常茶飯事だといいます。急に露出が減ったのは本人が脚本や役柄を吟味し、納得できないオファーを断ってきたからだといわれています」

 所属事務所の先輩の岸谷五朗も、上野を評して「(彼女とは)うまく会話が成立しないんだよなぁ……」と役者仲間に漏らしていたと伝えられる。人気女優の中には、演技力が抜群でも共演者とのコミュニケーションが苦手なタイプもいる。上野も、そんな女優のひとりなのかもしれない。

■ターゲットは風間俊介か

 もっとも、こうした“鬼才”と行動を共にするスタッフや共演者は、いらぬ気苦労を強いられることになるケースが多い。

 今回のドラマには上野と時任に加えて、ジャニーズ事務所の売り出し中の風間俊介と森本慎太郎(『SixTONES』)がサポートする形で入っている。特に森本の出演は、ジャニーズアイランド社長の滝沢秀明が熱心にフジに売り込みをかけたことで実現したそうだが、ジャニーズのファンは上野の彼らへの“洗礼”を案じているという。

「風間さんも森本さんも、上野さんと絡むシーンがあります。恐らく、場面解釈や役柄に関して、彼女からひと言ふた言いただくことになるでしょうね。脚本を読む限り“ターゲット”になりそうなのは、森本さんよりも風間さんです。どんな注文がつくのか、現場は戦々恐々としています……」(前出のドラマ関係者)

 事前の打ち合わせで、上野が最も興味を示したのが主人公の性格的な部分だったという。脚本には〈実直な人柄で愛情深く心優しい女性~解剖する際には遺体に向かって“教えて下さい”と祈りながらメスを入れる〉と書かれているそうだが、このデリケートな役柄を、上野はどのように演じるのか。視聴率を含め、さまざまな意味で話題を呼ぶドラマになりそうだ。
タグ:上野樹里

SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。